読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書きかけのブログ

詰将棋について書くことがあれば書きます

ときには昔の自作を

昔つくった詰将棋のデータが出てきた。

既発表作のうちいくつかは、いま見てもある程度面白いと思えたので、それらをピックアップしていく。

当時の詰パラはもう持ってないので解説や点数などは分からない。

2000年12月 短編コンクール

72龍、同馬、19龍、18歩、同龍、同馬、13歩、11玉、
23桂、
まで9手詰

初手19龍は17桂、72龍、52桂で逃れ。 初手72龍には52合が効かないので同馬と取るしかなく、それから19龍とすれば桂合ができなくなっている。 入選3回にしては尖った作品じゃないだろうか。(短コンで評価されるとは思えないけど)

「8段目に桂は打てない」ネタは今でも好きだ。 もしかしたら打歩詰より好きかもしれない。

8段目に桂が打てない代わりに6段目に桂を連続合する作品もつくったことがあって、確か「さんらん」に載せたはずだけど、手元に無いので図面は確認できず。どなたか教えてください。