読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書きかけのブログ

詰将棋について書くことがあれば書きます

ときには昔の自作を(4)

10月号には鈴川さんの作品が2作載っていて、これで入選98回だ。短コンのシード権を持っているので、同人まで残すはあと1回ということらしい。

ところがよく見ると実はもう1作、大道棋よもやま話でも作品が懸賞出題されている。どうやらこれは入選にはならないようだ。

解答が手順略記でよかったり、送付先が個人宅だったりするので、このコーナーは詰パラとは関係なく勝手に解答募集しているという扱いなのだろうか。

何年か前までは大学と大学院のページ下段に大道棋のコーナーがあり、そこでの出題は入選になっていた。

2002年5月 大道棋教室

85香、84角、同香、83角、71歩成、92玉、83香成、同玉、
84銀成、82玉、93角、同飛、83歩、同飛、同成銀、同玉、
84飛、93玉、82角、92玉、91角成、同玉、81飛成、
まで23手詰

大道棋教室が終わったのはいつのことだったか。今からすると貴重な入選だ。終わり5手の変同余詰は大道棋なら許容範囲。と思って大道棋のコーナーに投稿したのかもしれない。

この形からの角の連続中合は大道棋の類型にはなく、たしかオリジナルだったはず。自信は無い。