読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書きかけのブログ

詰将棋について書くことがあれば書きます

詰工房に行ってきました

鉄は熱いうちに打てと言いますが、会合の参加記もすぐに書くべきなのでしょうね。だいぶ忘れてしまいました。

春霞賞候補には自作が初ノミネート。

2015年7月 短4 自作

33角、24歩、同角成、16玉、25馬、同玉、34銀不成、15玉、
16歩、同玉、25銀、同玉、43角不成、36玉、54角成、25玉、
43馬、34歩、同馬、15玉、27桂、同龍、16歩、同龍、
24馬、
まで25手詰

2手目の銀歩非限定や、主眼の14手目36玉の表現のダブリ(打診逃避(角の成らせ)と不利逃避(桂の取らせ))が嫌われて、票は得られず。

攻方に駒を渡さずに打診逃避するには、43角を駒打ちにする(鈴川案)か、54で成って戻ったあと43馬ではない別の手で詰ます(TETSU案)かが考えられます。

kakikake.hateblo.jp

というか、今月は青木さんの作品が良すぎました。

2015年7月 デパ3 青木裕一氏作

35金、56歩、17歩、同玉、18歩、16玉、56飛、46桂、
同飛、同馬、17歩、同玉、29桂、16玉、17歩、15玉、
25金、
まで17手詰

安武利太さんもこれを「青木手筋」と呼んでいて、自分だけではないとひそかに安心しました。

kakikake.hateblo.jp

一次会の終了間際、どなたが言っていたか忘れてしまったのですが(なので言葉尻が間違ってるかもしれませんが)、相馬康幸さんの作品が余詰まないのは本人曰く「手順に論理があるから、その論理から外れた手は成立しない」ということらしいです。わかるかなあ。わかんないだろうなあ。私にはわかりません。

一方、二次会では石黒さんが「受験生はあらかじめ2013、2014、2015の素因数分解の答えを覚えておくべき」と言っていて、これはなるほどと思いました。ちなみに2016は細かく素因数分解でき、逆に2017は素数です。ここ試験に出ます。

他に印象的だった二次会の発言といえば、えび研で久保さんが「ヒラキ王手」と言うたびに「アキ王手ですね」と突っ込んでいた鈴川さんが「双方はソウカタと読むのでは」と言い出したり、遅れてきた原田さんが「短コンでは中合を出すことを自分に課している」と言ったりしたくらいですかね。

ちなみに原田さんは短コンがシード制になってから一度もシードを外れたことがなく、もっと言えばベストテンを外れたことがないそうです。これが中合の力……

最後、解散のときに手持ちの現金が無くATMも休止中だったので、二次会の代金を馬屋原さんに立て替えてもらってしまいました。 来年からお世話になる(予定)のに先行き不安です。