読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書きかけのブログ

詰将棋について書くことがあれば書きます

2015年下半期賞予想 小学校

前期の小学校で2.7を超えたのは5手詰の作品2つだけ。

2015年9月 小15 鈴川優希氏作

34馬、43飛、73桂成、同飛、61馬、
まで5手詰

2015年9月 小14 石川英樹氏作

55香、62玉、66香、同馬、26馬、
まで5手詰

鈴川作が2.74で、石川作が2.73。

奇しくもこの2作は3手5手特集(と担当が書いたわけではないが)の号で同時に出題された。 7手と並ぶと5手はどうしても見劣りするので、そういった形で出題された方が点数も伸びやすいのかもしれない。

しかし鈴川作には90度回転させた岡村作が、佐藤作にはほとんど同じ5手の先行作があり、それで半期賞というのも個人的には違和感がある。

見返すと小学校は豊作だったように思う。

2015年7月 小3 武島広秋氏作

69角、24玉、28龍、同馬、44龍、同銀、34銀成、
まで7手詰

邪魔にならないところに遠開き。何よりその後の大駒捨てが手馴れている。2.48。

2015年8月 小7 深和敬斗氏作

47銀、同桂成、37銀、同成桂、27銀、同成桂、47銀、
まで7手詰

初手27銀は同桂生が逆王手。そこで47銀から遠回りして27成桂を実現する。これもある意味「成らせ」だろうか。2.40。

2015年10月 小16 久保紀貴氏作

39角、55玉、45飛、
まで3手詰

なんとなく左上に飛び出したくなるところ。17角を狙っての39角は気付かない。2.41。

2015年11月 小21 青木裕一氏作

54馬、26玉、35龍、同玉、36金、
まで5手詰

どうやっても逃げられそうなところ、馬そっぽでぴったりつかまっている。盲点に入ったのは実は3手目かもしれない。2.56。

いい加減引用しすぎだが、いい作品だらけなので仕方ない。

2015年11月 小22 武島広秋氏作

49飛、56玉、45角、同龍、66馬、
まで5手詰

この手の飛車の遠開きはよく見る筋ではあるが、この駒数と手数でまとめて、角の短打も入れたところに価値がある。 歴史に残すために本作が半期賞でどうだろう。2.53。

2015年11月 小25 柳原裕司氏作

39香、24玉、27龍、14玉、47角、同龍、32馬、
まで7手詰

邪魔にならないという点で小3武島作の遠開きと通ずるところがある。 遠打は遠開きと違って中合の変化処理をしなければならないが、本作はうまく処理してある。2.63。